九年庵の紅葉2018!一般公開の期間から混雑回避の秘策も徹底紹介

スポンサーリンク

 

あぜ道散歩におつきあいいただきありがとうございます、つむぎです。

今回は、紅葉で有名な九年庵(佐賀県神埼市)についてお伝えします。

毎年春と秋に一般公開されていますが、特に紅葉が期待できる11月15日から23日までの9日間はかなりの人出でごった返しています。

そのため、現地では混雑のためゆっくり鑑賞できなかったり、現地周辺までの行き来で渋滞にハマったりと落ち着いた旅にならなくて大変な思いをされた方もいらっしゃるかもしれませんね。地元住民としてはなんだか申し訳なく思ってしまいます。

そこで、もう一度ゆっくり鑑賞したい、あるいは、混雑を避けられるなら一度は訪れてみたいという方々におすすめしたいイベントがあります。

ただし、「歩く」ことが前提なので、誰にでもおすすめできるものでないのが残念ではありますが…。以前からあるイベントなのですが、案外ご存知の方が少なくもったいないと感じました。

ここでは、一般公開とは別の日にも見学の機会がある訳とその日程についてご紹介していきます。大事な情報も併せてお届けしますね。

スポンサーリンク

 

2018年秋の九年庵一般公開日について

九年庵とは 国の名勝指定(平成7年) 佐賀の大実業家、伊丹弥太郎が明治25年に造った別荘と明治33年から9年の歳月をかけて築いた6,800㎡の庭園です。

毎年秋の紅葉の時季(11/15~11/23)と春の新緑の時季(5/3~5/5)に一般公開されています。 茶室と書院の様式を折衷した近世和風の数奇屋建築の別荘と共に 多くのツツジやモミジ類などが植栽された庭園の美しさに定評があります。

 

2018年秋の一般公開日は11月15日(木)~23日(金)9日間です。時間は午前8時30分~午後4時まで。

この期日は毎年変わりません。曜日の並びにかかわらずです。もひとつおまけに言うと、その年の紅葉が例年より早くても遅くてもです。

期間限定の公開となりますからどうしても見学者の集中は避けられないのです。

平日でも土日祝よりはいくらかマシというくらいです。事情が許される方には、平日のできるだけ早い時間帯でのお出かけをおすすめしたいところです。

 

一般公開日についての概要を申し上げますと、

どうしても車を利用する人が多いですから、駐車場(吉野ヶ里歴史公園臨時駐車場 マイカー500円 約1000台収容)の準備はあります。そこからシャトルバス(無料 15~20分おきに運行)で九年庵そばの仁比山公園まで移動します。

なお、身障者専用駐車場は仁比山公園に設けてあります。障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の提示で、乗用車の駐車料金は無料。ただ、九年庵は飛び石と階段が多い庭園ですから、車いす使用は困難です。

公園から愛逢(あいあい)橋を渡った先に、九年庵の本部テントありますので、そこで配布されている入場整理券をもらいます。(九年庵入り口に直接行かれても整理券がないと入場できません)

あとは現場の指示に従って目標の九年庵(美化協力金として300円 中学生以下無料)目指して進みます。

 

以上、多くの観光地と同様、時間の経過とともにかなりの混雑が避けられないことはおわかりかと思います。

そこで、そろそろ耳寄りな情報を!
大混雑を避けて九年庵に入ることができる、ある方法をぜひお伝えしたいのです。

九年庵の特別公開日とは?

一般公開ではなく、特別公開とはどういうことでしょう。

実は、「駅長おすすめのJR九州 ウォーキング」に九年庵も入っているのです。

2018年については、11月24日(土)がその日です。
コースタイトルは、『国の名勝「九年庵」特別公開と神埼散策ウォーキング』となっています。

特別公開当日の日程

JR神埼駅をスタート

吉野ヶ里歴史公園

王仁(わに)神社

水車の里遊学館

九 年 庵(有料)

仁比山(にいやま)神社

梅 の 花

白角折(おしとり)神社を巡り、

JR神埼駅にゴールする流れです。

距離にして14kmほどあり、所要時間は約4時間となっています。

詳しくは、「駅長おすすめのJR九州 ウォーキング」 にあります。また、JR各駅や協賛企業等の縁の場所にパンフレットも置かれています。

また、特に「九年庵」については、ふくすけさんの「神埼ウォーク~紅葉の庭園 九年庵を訪ねて~ 後編」 が参考になります。写真満載で現地の様子がよくわかります。

特別公開を利用し九年庵を訪れる

メリットとは

  • 一般公開時のような混雑を避けることができ、ゆっくり鑑賞できます
  • 交通渋滞に巻き込まれたり、駐車場探しに困ることがありません

※ JR神埼駅への移動は、もちろんJRの利用をおすすめします。

が、諸事情により直接神埼駅に車で乗り入れるほうが都合良いという方もいらっしゃることでしょう。その場合は、駅に隣接する駐車場(破格の安さです)もございますし、当日は無料の駐車場も設けられるはずです。台数には限りがあると思いますので、お早めに。

デメリットとは

  • 1日限定なので、天候は選べません
  • 時間にはかなりの余裕をもって組んでありますが、そもそも「歩き」に自信がない方には向きません
  • 時間に余裕がない方、とにかく九年庵だけを観たいという方には向きません

ウォーキングならではの注意事項

秋の景色を楽しみながら歩くということで、お散歩気分も大いに結構なのですが、ひとつだけ注意しておいていただきたいことがあります。

それは、このコースの距離が関係しています。

距離14kmというのはJRウォーキングコース中でも長い方です。アップダウンはさほど厳しいコースではありませんが、この距離は思ったより足への負担が大きいです。足回りの備えだけはきっちりしておく必要があります。

実は、私も2年ほど前に友人と参加したことがあります。体力その他大まかには人並みですし、地元にいても歩いてみないと気づかないところもあって興味深かったです。十分に歩ける距離だと思いましたし、なんの疑いもなくウキウキ気分で普段履きのスニーカーで参戦しました。

ところがです。

舐めてましたね。後半、じわじわとつま先が痛くなってきたのです。指先が縮こまっています。つまり、靴の中で足全体が前に滑り、指先を圧迫し始めたのです。からだの疲れよりも足の指が痛くて…その後ずいぶん長い間第2趾の爪は黒ずんだままでした。

かなり痛い思いをして学習しましたよ、シューズの履き方が大事だということを。

もし、お持ちであればウォーキングシューズを、お持ちでなければ履きなれた紐靴を準備してください。紐を適度に締め上げ、足首を固定することが重要です。靴の中で足が泳がないようにするのです。

具体的には、以下の動画が参考になります。

8分程ありますが、前半だけ見ていただければ十分です。シューズに足を入れる前準備が40秒あたりから始まり、4分過ぎまで見ていただくとやり方が分かります。

0:40~靴紐を緩める

1:20~足裏を立てて履く

1:58~かかとをトントンする

2:15~足の指を曲げる

2:46~靴紐を締めていく

3:14~靴紐を結ぶ(ほどけにくい結び方)

「ランニングシューズの正しい履き方 紐の結び方」

ぜひ、お試しください。

まとめ

混雑を避けて紅葉の「九年庵」を訪れる秘策、いかがでしょうか。歩くのがお好きな方にはいいですよね。
ただ、コース全部を真面目にまわるとかなりの距離になります。

おすすめする以上、シューズの履き方について避けては通れないと思いましたからクドいくらいの説明になりましたが、お役に立てば幸いです。

ということで、今回のまとめです。
九年庵の紅葉を静かに鑑賞したいと思われるなら、秋の一般公開とは別に、JR九州ウォーキングに伴い開催される特別公開の日が狙い目です。

歩きに自信がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です