包まない餃子レシピは手間いらず!混ぜるも焼くもフライパンひとつ

スポンサーリンク

 

あぜ道散歩におつきあいいただきありがとうございます、つむぎです。

今回は、時短でできる餃子レシピをご紹介します。 2018年8月15日のテレビ東京『ソレダメ!』で放送された、ワンパンビッグ円盤餃子なるものです。

包まない餃子は数多くあれど、私が知る限りでは最強かもしれません。

このレシピは、最初に肉ダネの材料を混ぜるところからフライパンひとつで進めていくものです。それを、「ワンパン料理」と言うそうです。簡単にできて美味しいなんて言うことなしですが、何よりボウルひとつ使わないのが画期的でした。知らない方にもぜひ試してもらいたいと思いました。

それでは、順を追ってお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

円盤餃子の作り方

出来上がりは、ドーナッツ状の餃子です。人数に応じて切り分けてください。

【 材料 2人分 】

豚ひき肉 200g
キャベツ 3枚(120g)
生姜・にんにく 各1片
ニラ 3本

A
酒 大さじ1
しょう油 小さじ2
塩 小さじ1/4

餃子の皮 24枚
水 100cc
ごま油 適量

 

【 作り方 】

  1. フライパンの中で肉ダネの材料・調味料を混ぜ合わせる
  2. ドーナッツ状に丸く並べた餃子の皮で肉ダネを挟む
  3. 焼き上げて、器に盛る

ざっくりいうと、上記のような感じです。

では、もう少し詳しく説明していきますね。

1、キャベツ、にんにく、ニラ、生姜はみじん切りにする
2、火はつけないままフライパンに豚ひき肉、①の野菜、Aを加えて混ぜあわせタネを作る


3、具材がまとまってきたら中央にまとめる
4、タネの周りの空いたところに餃子の皮12枚を広げた状態で乗せる(26~28cm程度のフライパンだと、半分ずつ重なるくらいが目安)

5、4④の皮の上に中央のタネを均等に乗せていく

6、餃子の皮残り12枚をタネの上に被せるように並べ、タネが出てこないよう上下の皮のふちを指で軽く押さえておく(濡らす必要なし)

7、火をつけ(ひき肉の油分がフライパンについているので、油をひく必要なし)、フライパンに熱が通ったら、水100㏄を皮全体にかけるようにして注ぎ入れる

8、蓋をして中火で5分間加熱する

9、蓋を外し、水分水分を飛ばしてごま油を回しかけ、かりっと焼き上げる
10、お皿にひっくり返して乗せれば完成(皿はフライパンよりわずかでも大きいサイズのほうが安心です フライパンの上に皿をかぶせてタイミングよくひっくり返してください)

さてさて、初の試みは…ちょっと…、いえ結構なレベルで焦げてしまいました。

レシピ通り中火にしていたつもりですが、無残な姿になってしまいました(笑)味は大丈夫でした。そのまま何もつけずとも十分美味しいです。

火はいくらか弱めを心がけたいですね。焦げ目が欲しければ蓋を取って水分を飛ばす際に調整したほうがきれいな焦げ目を作ることができるはずです。

おまけ情報

洗い物についてです。

餃子が焦げずにうまく焼けたとしても、フライパンの真ん中の焦げ付きは避けられません
だからといって、慌ててこそぎ落としたりしないでください。傷がついたら大変です。

焦げがかぶるくらいの水と重曹を適量振り入れ沸騰させると、焦げはすんなり剥がれてきます。お試しください。


まとめ

手間ひまかけて作る手作り餃子は、お店のものとはまた違う美味しさがありますが、結構な時間が必要ですよね。

それに比べ、手間も時間も最小限で美味しいものにたどり着けるなんて素晴らしいです。

レシピを実践する前は、全面的に期待するところまではいってませんでしたが、作る工程に難しい部分もなく、味も合格点で言うことなしです。

何より嬉しいのは、火を扱う時間が短く暑い時期には嬉しいものでした。お子様と一緒に作るのも楽しそうですよ、いかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です