麹甘酒の作り方が超簡単!炊飯器も使わず、寝てる間に出来上がり!

スポンサーリンク

 

あぜ道散歩におつきあいいただきありがとうございます、つむぎです。

今回は、米麹で作る甘酒についてお伝えします。

近年、美容面からも健康面からも大注目の麹甘酒です。店頭にも多くの商品が並んでいますが、毎日摂ろうと思えば、やはり手作りしたほうがコスパもいいし…ということになりますよね。

でも、なんとなく面倒だと感じながら敬遠してはいませんか?

私も最初は炊飯器を使うことや何時間もかかることなどを考えると、結構気合を入れ構えて作っていました。そんな私が、いとも簡単に甘酒を作れてしまう方法を知ってからは、身軽な甘酒生活を楽しめています。

そこで、あなたにもぜひその方法を知ってほしいと思いましたので、これからご紹介いたします。

スポンサーリンク

 

米麹のみを使った簡単甘酒の作り方

もち米もうるち米も使いません水と米麹のみです。さらに、炊飯器不要です。私は、魔法瓶というか、保温用水筒(1.4リットル)を使っています。子どもが大きくなって出番がなくなった水筒です。

【準備するもの】
米麹 300g(塊があればほぐしておきます)
※生米麹の場合です。乾燥米麹では、水が1.5倍ほど必要なようです。
水①450cc → 65℃に熱して入れる
水②240cc → 沸騰させて入れる

保温用水筒
調理用温度計
計量カップ
小鍋、あるいはやかん(湯を沸かすため)

【作り方】

  1. 水筒に熱湯(分量外)を入れ、中を温めておきます
  2. 水筒が温まったら、米麹300gを入れます
  3. 水①450ccを火にかけ、65℃にし(すぐに温まりますから、温度計から目を離さないよう)、水筒に注ぎ入れます。フタをしてよく振ってください
  4. 水②240ccを沸騰させ、水筒に入れます(下がった温度を上げるため)
  5. 再度フタをして、中の温度が均一になるようによく振ります(温度を計り、60℃より低い場合は少しずつお湯を足していきます)
  6. 温度を確かめたら、フタをして7~8時間放置します
  7. ドロドロになって、甘酒完成!出来たての温かい甘酒が味わえます 冷めたら冷蔵庫で保存

 

【気をつけたいこと】
水①を沸騰させないのは、麹に直接熱湯をかけないためです。麹菌が死んでしまい、甘酒ができません。最終的には60℃にしますが、それより低いと麹菌の働きが弱くなってしまいます。

夜に作れば、翌朝には使えます。

作る過程で気をつけるのは温度だけですから、必要な量をこまめに作るのも苦にはなりません。私の場合、一度に作るのは麹300gか400gです。1週間ほどで使い切れないようでしたら、小分けにして冷凍しておきます。

なお、上記のレシピは、きのぴわさんの『炊飯器不用!魔法瓶で簡単楽チン❀米糀甘酒』を踏襲させていただきました。どのレシピよりも手間いらずで感謝です。

麹甘酒が注目されるわけとは

甘酒は、栄養豊富なところから「飲む点滴」とも言われていて、特に夏場の栄養補給にはおすすめだとよく聞きます。
さらには、ダイエットや美容への貢献度が高いとなれば、人気が高いのもうなずけますよね。

2種類の甘酒

甘酒には、麹菌で米を発酵させて作られるものと酒粕で作られるものとがあります。

もちろん、どちらも栄養価は高いのですが、酒粕から作られる甘酒には少量ですがアルコールが入っているため、未成年や妊婦の方は飲むことができません。また、製造の過程で砂糖を加えることが多いので、ダイエットには向かないようです。

米麹で作る甘酒は、アルコールも砂糖も加えることはないのですが、発酵による甘みが十分にあります。ダイエットや健康を考えるのであれば、米麹で作る甘酒がいいようですね。

甘酒の効果効能とは

  • 腸内環境の改善
    甘酒は、発酵食品で植物性乳酸菌が含まれます。生きたまま腸へ届いてくれます。また、甘酒が作られることで、麹菌が作用しデンプンが分解されてブドウ糖とオリゴ糖になります。オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、善玉菌が増えて腸内環境が整うことで便秘改善に働きかけます。肌トラブル改善も期待できます。
  • 代謝アップ甘酒には、ビタミンB群が豊富に含まれており、炭水化物や脂質、タンパク質をエネルギーに変えて代謝を促す働きがあるとのこと。
  • ダイエット効果甘酒には、豊富なアミノ酸が含まれており、成長ホルモンの分泌を促進するなど、痩せやすい体作りに貢献します。また、生きた酵素も含まれていてエネルギー代謝を活性化させ、太りにくい体質つくりを助けてくれます。

    さらに、甘酒に含まれるブドウ糖は多糖類に分類され、エネルギーに変わりやすく身体に蓄積されにくいとのこと。

  • 美白効果甘酒に含まれるコウジ酸には、シミ改善や美白効果が期待できます。

麹甘酒はいつ、どのように摂る?

たとえば…

  • 便秘改善には朝がいいです
  • アンチエイジングには、夜がいいです
  • 食べすぎたときには、次の食事の代わりに甘酒を飲みます
  • おやつを甘酒に替えます

麹甘酒の活用法

麹甘酒は、もちろんそのまま飲むだけでもOKですが、ただ飲むだけではもったいないモノでもあるのです。人それぞれ色々な使い方が巷にあふれているようですが、ざっくりと例をあげておきます。加える甘酒の量は、お好みで。

  • 豆乳や市販のジュース、スムージーなどに足して飲みます
  • 卵焼きや肉じゃがなど煮物の砂糖代わりに使います
  • 凍らせて甘酒シャーベットやアイスを作ります
  • お肉にまぶし柔らかくします ほどよい塩味に
  • 味噌や各種タレ、調味料などにチョイ足しして使います
  • サラダのドレッシングはもちろん、なんとポン酢とも相性いいそうです

まとめ

わが家では、甘酒を炊飯器ではなく水筒で作るようになってから、間違いなくその消費量が増えています。やはり、手軽に作れるようになったのは大きいです。塩麹も醤油麹も作りますが、今や甘酒が大活躍!

ということで、麹甘酒は、

  • 保温用水筒を使用することでストレスなく、電気代もかかることなく、手軽に作ることができます
  • 期待する効果を考えながら、使い方や摂るタイミングを選べます
  • 別の飲み物とコラボしたり、いろいろな調味料や料理にも活用することで、美味しさも栄養価もさらにパワーアップできます

美容と健康のために、美味しい甘酒ライフ楽しんでみませんか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です