ワイシャツの襟汚れ防止は超簡単!汚さぬ裏技で洗濯をスムーズに

スポンサーリンク

 

あぜ道散歩におつきあいいただきありがとうございます、つむぎです。

今回は、ワイシャツの襟汚れを防ぐ方法についてお伝えします。

襟や袖口に糊がきいてパリッとした真っ白なワイシャツはステキです。いつもおろしたてのようなシャツを着たいものです。
ところが、厄介者の襟汚れはフツーに洗濯機に入れるだけではなかなか落ちてくれません。石けんをこすりつけたりブラシを使ったりと汚れ落としにひと手間もふた手間も必要ですよね。

襟汚れを落とす方法についてはいろいろな方法が紹介されていますが、そもそも汚れを付けないですむワザがあれば洗濯にそれほど時間や労力をかけずにすむと思いませんか?

避けることのできない汚れですからなんとかしたい…ならば付いてしまった汚れ落としに時間をかけるより、汚れがつきにくい工夫をすることのほうが布地を傷めにくく、わずかでも時短にもなると思いましたのでその方法をお伝えします。

スポンサーリンク

 

頑固な汚れを防止するには着る前のひと工夫で解消!

ワイシャツのお洗濯は、どうしても襟汚れが落ちにくいから洗濯機に入れる前にブラシでゴシゴシ…予備洗いって面倒ですよね。

でも、大丈夫!
実はワイシャツの襟汚れをなかったことにしてくれる裏ワザがあるんです。事前にカンタンな汚れ防止の加工をするだけ。

やり方のコツは、新品、または洗濯済みのワイシャツの襟にあるモノを使ってカンタンにひと手間加えるだけなんです。劇的に、ワイシャツのお洗濯の手間が省けます。もっと早く知りたかった!!

では、詳しいやり方を説明していきますね。

準備するものベビーパウダー化粧用パフアイロン用のり(スプレータイプ)

ベビーパウダーを使うのは、黒ずみ汚れが目立ちやすいワイシャツの襟周りの内側、そして袖口の内側の2箇所です。
私は、襟周りについてはベビーパウダーのみではなんとなく不安なのでアイロン用のりも使っています。

※ ベビーパウダーについては、もちろんベビー用品売り場にはありますが、ドラッグストアにあるもので十分です。化粧用パフは、100円ショップで購入しました。歯ブラシやスポンジ等いくつか試してみましたが、化粧用パフが一番馴染みが良いように思います。アイロン用のりは、キーピングなどで知られる商品です。

 

やり方ですが、説明のしようがないくらい簡単です。
襟周りは、アイロン用のりをスプレーし、アイロンをかけます。その後化粧用パフを用いてベビーパウダーをすり込むようにします。

 

袖口については、ベビーパウダーのみで大丈夫です。

このとき、余分な粉は必ず落としておくことを忘れないで下さい。指ではじいて落とすなり、指先を使ってさらにすり込むなり、お好きに処理してもらって結構です。それをやっておかないと、場合によっては白い粉が首筋あたりから散ってきてスーツの襟元で目立ってしまい、かえって不潔な印象を与えかねませんのでご用心を。

洗濯時は、洗濯ネットに入れ、他の洗濯物と一緒に洗濯機へ。
私はたまに心配で確かめたくなり、襟汚れの上にお湯をかけながら歯ブラシでそっとこすったりするのですが、大丈夫、するりと落ちます。

それでも、万が一よほど頑固で落ちにくい汚れに遭遇したらゴメンナサイ。ただし、汚れ落としの必要があったとしても何も細工しなかったときよりは労力も時間も大幅に 短縮できるはずです。

私が細工?をするのは、ワイシャツにアイロンをかけるときですが、ノーアイロンで済ます場合は、着用前の都合の良いタイミングでいいかと。

ご紹介したこの方法は、女性や一般男性の襟汚れには十分有効かと思います。
ただ、整髪料(結構襟汚れへの影響大らしいのですが)をふんだんに使う方のワイシャツや作業服の襟汚れは検証する機会がないので、残念ながら効果をお伝えできず申し訳ありません。

ベビーパウダーで汚れは落とせない!

「襟汚れにはベビーパウダー」という情報がTV番組等で扱われたので、広く知られるようになったのはいいのですが、勘違いのまま使用されている方もいらっしゃるようなのでひと言。

ベビーパウダーには洗浄力があるわけではないので、 ワイシャツの襟汚れそのものを落とすことはできません。上手く言えませんが、皮脂汚れを吸収してくれるといえばいいのでしょうか?だからこそ、着る前にベビーパウダーを利用してひと手間かけるのです。そうすることで、洗濯がグッとラクになる…私は、使用前より使用後ラクな方がいいですから。

それでも、すでに汚れているものをどうするかについてはお悩みですよね。頑固汚れには、固形石鹸、液体石鹸、セスキ炭酸、男性用洗顔料…いろいろなものが紹介されています。

私もいくつか試してみましたが、汚れ落ち・コスパ・手間など総合的に考えて個人的には固形石鹸が扱いやすいと思っています。固形石鹸をこすりつけてブラシでゴシゴシ…ですね。生地は多少痛みやすそうではありますが…^^;

襟汚れの原因も知っておく

ワイシャツの襟汚れの原因は、皮膚の毛穴から出る皮脂です。皮脂、つまり油が襟に付くことで時間とともに酸化し、「黄ばみ」となり、さらにその皮脂の上に「ホコリ」あるいは「チリ」まで積んでしまうことで「黒ずみ」になっていくというのです。

また、汗や紫外線まで汚れの原因になるというのですから、夏は特に汚れもひどくなりやすいということになります。

さらに、襟の部分は、肌と生地が最もこすれる場所でもあるので、上記のような汚れが生地の繊維の奥深い所まで入り込んでしまい通常の洗濯では容易に落ちなくなってしまうのです。

決定的なのは、油汚れであるにもかかわらず、洗濯機を用いた通常の洗濯ではほとんどの場合お湯を使うことはなく水を使いますよね。これでは、もともと落ちにくい汚れが雪だるま式に頑固になっていくのは当然といえば当然です。

人の体から皮脂が出なくなることはありませんから、その皮脂が繊維の奥に入り込む前にブロックしようというのが今回の提案なのです。

まとめ

ワイシャツの襟汚れがつきにくくなるひと手間、いかがでしたか?
どうせどこかで手間暇かけるのですから、どのタイミングでどれだけの時間をかけるのかを両天秤にかけたら、私の場合は事前の作業の方にに軍配が上がったのです。おろしたてのワイシャツでやってみると、効果がわかりやすく気分爽快ですよ。

汚れが付きやすい襟周りや袖口にベビーパウダーをすり込んでおく(余分な粉は落としておく)

やっておくことは、これだけです!

洗濯機に入れる前のひと手間がないだけでもストレスから開放されます。お試しください。
それでも、それすら時間をかけるのは大変!ということもあるでしょう。定期的にクリーニングに出すというのもアリですよ。時間をお金で買うだけのこと、何の問題もありません。

家事も汚れも溜め込むことなく、臨機応変に対応しながら毎日をできるだけ快適にお過ごしくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です