トイレ掃除を毎日継続できるやり方は?ラクしてキレイに保つ秘訣

スポンサーリンク

 

あぜ道散歩におつきあいいただきありがとうございます、つむぎです。

今回は、トイレ掃除についてお伝えしていきます。

人が生活していく以上、避けては通れないトイレのお掃除。一人暮らしでも大家族でも汚れの度合いが違うだけで日々ついて回ります。
以前は私もフルタイムで働いていましたから、当然?毎日トイレ掃除に割くような時間の余裕もなく、週末に否応なくやっていたような感じです。

とは言うものの、余裕ある週末ばかりではありません。しかし1週間分の汚れは落とさないと溜まっていくばかり…
毎日するといいのかな???いえいえ毎日の時間確保は無理!あれこれ葛藤しながら過ごしてきた次第です。

そんな私が、現在どうしているかというと、なんと「トイレ掃除は毎日する」を続けています。時間が取れないと信じ込んでいた私がどうして続けられるのか、続けることのメリットとは何かなどについてお伝えします。

スポンサーリンク

トイレ掃除を毎日するメリットとは?

それは、汚れやすいところほど汚れを溜めないほうがいいからです。

トイレに限らず、どこを掃除するにも自分が納得するような仕上がりを求めるには時間がかかりますし、例外なくどれだけ時間をかけても完璧ということはなくきりがありません。ですから、掃除は1週間に1回、シーズン毎に1回などふだんは目をつぶって過ごしている箇所もありますよね。

そんな中、見て見ぬふりができない場所といえばやはり水回りでしょう。とりわけトイレは最たるものです。部屋の隅に潜む綿埃を見過ごせるレベルではなく、黄ばんでいく汚れも許せませんし、なにより衛生面から放置できません。

以前の私のように、トイレ掃除を週末にだけ行えば1週間分の汚れが溜まっているわけです。汚れやすいと誰もが認めるトイレが…です。一見きれいに見えていても、目立たない場所にこびりついた汚れもあったりしましたよ。これでは週末毎にトイレが大掃除レベルとなってしまいます。

なんとか最小限のエネルギーでトイレの汚れから逃れることはできないものかと常日頃思っておりました。
そこで、行き着いたのが「毎日トイレ掃除」です。私の入浴前のルーティンなのです。

毎日行うトイレ掃除の3つのルール

  • 毎日続けるためにも頑張りすぎない
  • 汚れが付きやすい場所を中心に、毎日する簡単掃除の内容を決めておく
  • それ以外の箇所は、時間に余裕があるとき丁寧に掃除をする

 

汚れが付きやすい場所はもちろん便器やその周辺です。
簡単掃除に使う道具は、トイレ用お掃除シートです。メーカー品ではなく、ドラッグストアや100円ショップにあるものがコスパもよく、惜しげもなく使えます。なんといっても毎日使うのですからお値段を考えていては作業が進みませんよ。
(下の商品は、ドラッグストアにて購入。24~30枚×2個入りで、数円/枚です。エンボス加工をしたものが多く、ペラペラ感はありません)

 

さらなる節約をお考えであれば重曹やクエン酸を使う方法もありますが、ひと手間いります。ひと手間くらいなら平気、気になるわ…というのであれば、その掃除方法を紹介している動画がありますのでご覧ください。汚れの種類や場所ごとに使い分ける説明がわかりやすくておすすめです。(動画のスタートから50秒で重曹水が出てきますが、お湯を使いよく溶かすのもコツです。)

 

さて、お掃除シートに戻ります。
作業の手順としては、

  1. 便座(お尻が接する面)を拭く
  2. 便座のふたは両面拭く
  3. 便座の裏面や便器との取付面を拭く(こちらは結構汚れています)
  4. 便器周りの壁(飛び散っている可能性アリの高さまで)を拭く
  5. 便器周りの床を中心に拭き、その他(小さなゴミがあったりする) も全体的にサッと拭き取る
  6. ついでにスリッパの裏も拭く

 

便器はというと、日によって若干違うのですが、最初に洗剤をかけておいて、あとでブラシで擦るときもあれば、水だけ流してブラシで擦る時もあります。

ざっと、これだけです。5分もかかりません。毎日やることは決まっているので、慣れれば所要時間3分も可能かも。

トイレの中に置かない方がいいもの

トイレにない方がいいもの…マット、便座カバー、便座シート、カーテン等布物は一切持ち込まないほうが賢明です。飾り立てたい気持ちもわからなくはないですが、お掃除に関して言えば、邪魔なだけです。それらがないだけで、洗濯から解放されますし、掃除のときに移動させる手間もかかりません

また、布製品に臭いが吸着しやすいことを考えれば、なおさら不要だということがおわかりかと思います。

私は結婚と同時に夫の親との同居でしたが、当時の私にとって何が苦痛だったかというと、トイレの中にある布物を取り替えて洗濯すること。具体的には、便座カバー(当時は暖房便座が今ほどには普及していませんでしたから)や足元のマット交換が必要だったのです。便座カバーはともかく果たしてマットは必要なの?と疑問でしたが、結婚と同時に同居でしたから婚家の慣習に従いました…

ちなみに、実家はマットなど置かず、掃除は床もフツーに拭き上げるだけでした。トイレ掃除そのものよりも付属するものの取り扱いが面倒で、週末のどの時間帯でやるのかが常に悩みのタネでした。

そこから時が経ち、水回りのリフォームと同時に温水洗浄便座に替わったので、まず便座カバーが不要になりました。この機会を逃してなるものかとついでに布物全部一掃しました。

あ、あの予備のトイレットペーパーを入れておく布カバーもです、棚にワイヤーかごを取り付けました。もちろん私の独断で!!この頃には、嫁としてもそれなりの力をつけてきてましたから(笑)たったそれだけで週末ストレスのひとつから開放されたのであります。

 

毎日トイレ掃除のきっかけとは?

そもそも、なぜトイレ掃除を毎日行うようになったのか…ある方のエッセイが私にそのきっかけをくれました。

料理研究家で随筆家の辰巳芳子さんのエッセイの中に、ご自身の日常を紹介されている文章がありました。彼女は、朝起きて寝巻きを着替える前にトイレ掃除をするとのこと。朝からトイレ掃除という発想が微塵もなかったので、これは衝撃的でした。すぐに洗濯機に放り込む身なりだから気楽だし、目覚めもいいし…みたいなことが書かれていたのです。もちろん簡単なお掃除なので、朝めし前というところでしょうか。

実は、しばらくの間私も真似をして、朝着替える前にやっていたのですが、夏場になると不都合が生じました。どんなに軽い作業でも真夏は当然朝から暑い!ひと汗かいてしまうのです。私には、シャワーを浴びて出勤という習慣はありませんからダメです、続けられませんでした。そこで入浴前に行うことにしました。どんなに汗をかいてもお風呂に直行ですから怖いものなしですよ。幸い現在も年間通してこの時間帯で続けることができています。自分のライフスタイルに合わせて微調整することは必要ですね。

さいごに

トイレ掃除は大変だからこそ汚したままにせず、こまめにするのです。結果、そのほうが楽です。以下のことに気をつけ実行してみてください。

トイレは、汚れを溜め込まないよう汚れやすいところだけ毎日掃除をする。
毎日続けるためには頑張りすぎない。
トイレの中には、余計なものを持ち込まない。

毎日の暮らしがちょっとした工夫でより良いものになるならば、誰かの真似から入っていくのも悪くないと思います。自分に合わないと思えば改善するなり、元に戻すなりすればいいだけのことですから。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です