部屋の片付けのコツとは?リバウンドなしの解決策あります!

スポンサーリンク

 

あぜ道散歩におつきあいいただきありがとうございます、つむぎです。

今回は、『片付け』について考えます。

片付けのお悩みで多いのが、「何度片付けても、すぐにまた散らかってしまう」だそうです。自宅に誰か来るとなると、大急ぎであたふたと片付けて、いつもより念入りにお掃除。とりあえず見た目をスッキリさせるというのは、片付けあるあるですよね。私も例外なくそうやって乗り切ってきました。

でも、よ~く考えてみてください。
ということは、訪問者がいなければ取り繕う必要もないので元の木阿弥…リバウンドするはずだと思いませんか?

実は、見栄え良く整然としていることが「片付いている」ということではないのです。
せっかく時間をかけて片付けるのであれば、本当に自分のために、自分が動きやすいような片付けを目指したいものです。

ここでは、『片付けとはモノを定位置に戻すこと』という考えをもとに、決して見た目ではなく、自分や家族が楽に生活できる片付けということについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

片付けがうまくいかない原因は?

それは、いきなり片付けようとするからです。

まずは、私も含め多くの人は「片付け」の意味を取り違えています。というか、意味を広げすぎているようです。

「片付け」というのは、散らかったものを元に戻すこと、当たり前ですよね。使ったハサミを片付ける、本棚から出して読んだ本を片付ける…といいます。単純に、出したものを元の場所に戻す、ただそれだけ。

もともと、本当に使うモノしか置いてない部屋でしたら、片付けも簡単で楽なはずだと思いませんか?

ところが、実際には日々モノが増え、次第に不要なモノ、無駄なモノが入り混じって部屋の中は大変なことになっていきます。それなのに、いきなり「片付ける」という作業に入るなんて無謀なのです。

結局片付いているように見せるために、収納と言い訳しながら入れ物をさらに増やし、どこかしらへどんどん押し込んでとりあえず隠すだけになってしまいます。見せかけですから片付くはずがないのはおわかりですよね。

片付けは繰り返されるが、ストレスにはならない

え、片付けを何回もするの!?と、驚きますよね。

さきほどの、片付けとは、モノを出して使ったら元の位置に戻すこと…であるならば、それは生活の中で頻繁に行われるはずです。使ったものを戻すだけの行為が大変なことなら、日常生活はとても送れたものではありません。

それでは、同じようなシーンでよく使う言葉に「整理」「整頓」がありますが、これらもそれぞれ違った意味を持っていることをご存知でしょうか。

乱れた状態にあるものを整えること、不要なものを取り除くことを「整理」整えること、正しい位置にきちんと置くことが「整頓」なのです。整頓も整った状態にすることを意味しますが、整理のように「捨てる」という行為は含まれないのです。

不要なものを捨てる「整理」のあと、正しい位置に置く「整頓」をすることになるので、「整理整頓」の順になるのです。「整頓整理」とは言いませんよね。

「整理」「整頓」「収納」の順で行ってこそ、「片付け」ができるのです。

そのうち最も重要なのは「整理」!!これができていない状態では、整頓や収納を実行しようとしても上手くいきません。

整理された後に、残った必要とされるモノだけを整頓し、収納するのです。それらを出して使い、再び元の位置に戻す…それが片付けなのです。

ですから、片付けはマメにやらないといけませんが、「整理」「整頓」「収納」 というのは、一度きちんと行うことができれば、度々行うものではないということです。

片付けは、自分が楽になるためのもの

片づけというと、完璧にしなくては!と思いがちですが、誰のためでもなく自分のためにするものです。片付け上手をアピールしようと見栄を張ることではなく、自分が楽に生活できるためのものです。

極端に言えば、仮にモデルルームのように完璧に片付いていたとしても使い勝手が悪ければストレスが溜まって苦しいです。逆に、人から見れば雑然としているように思われても、ものすごく使いやすい収納になっているなら安心して穏やかに過ごせますよね。

それと、片付けは自分のためですから頑張らなくていいんです。完璧をめざすことも不要です。日頃よく使うモノを中心に考え、あまり使わないモノには時間もエネルギーもかけずほどほどでいいんです。

片付けができていると、探す手間が減ります。家族にもわかりやすいですし、なによりそんなにきちんとモノの住所が決まっていたら、誰一人散らかそうなどと思いません。みんなが協力してくれるはずですし、今度はココも片付けようと範囲が広がるような効果も期待できる…かも。

整理のコツはスモールステップで

片付かない原因がわかったところで、いきなり家中の整理を一気に始めるのはおすすめできません。どこから手を付けるか迷いながら、結局やる気が失せてしまっては困ります。

まずは、小さな小さな目標を決めます。

 

たとえば、

  • 今日は、この部屋のこの机の引き出しの上段だけ
  • タイマーを掛けて1日◯分だけ

など、自分なりに決めた範囲で必ず完了できる目標設定にするのです。やることが少なくて早く終わったとしてもそれはそれで終了。決して欲張ることなく少しずつ。たとえ小さくとも成功体験が積み上げられていくのはその後の継続にもつながります。

さいごに

「片付け」そのものは、難しいことではありません。むしろ簡単に片付けられるような仕組みを作ることこそが、少~しだけ時間がかかりそうです。その場しのぎでなく、本気で「片付けたい」と思うなら、次のことを考えながら、急がず焦らず…。

  • 片付けとは使ったモノを定位置に戻すこと
  • 片付けや収納のコツとは、部屋にあるモノを整理し、必要なモノだけを整頓し、それを収納するという順番を間違えない
  • 片付けは、自分が楽になるためのものなので頑張りすぎない

片付けができていると、楽に過ごすことができ、心に余裕が生まれます。余裕があると家族にも優しくなれますよね。
最も大変な「整理」を避けては通れませんが、気負うことなく一歩ずつ進めてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です