冷えピタ効果はある!?冷却シートは上手に使って有効活用!

スポンサーリンク

 

あぜ道散歩におつきあいいただきありがとうございます、つむぎです。

今回は、「冷えピタ」「熱さまシート」などに代表される冷却ジェルシートといわれる商品についてお伝えしますね。

これから徐々に寒くなっていき、風邪やインフルエンザの流行も心配される季節になります。
急な発熱は、特にお子様が小さいと余計に心配なことでしょう。

そこで、買い置きしておかれるかもしれない冷却ジェルシート。子ども用もありますし、もしもの時のために持っておきたいですよね。

でも、ちょっと待って下さい。
発熱時に、その冷却シートで熱を下げようと思っているんでしたら、それは叶いません。実は冷却シートに解熱作用はないのです。

では、冷却シートに期待できることはどんなことでしょう。

スポンサーリンク

 

冷却シートの効果

冷却シートが冷たく感じるのは、容器のなかの高含水性基剤に含まれる水分が蒸発するときに気化熱を奪うことによるためです。
シートをおでこに貼り付けて熱を下げるイメージが強いようですが、医薬品でもないですし、残念ながら解熱効果はありません。

ただし、発熱で身体がだるくすっきりしないときや、暑くてぐったりしている真夏時などには、冷却シートをおでこに貼ると気持ちが良かったりするものです。リラックスの効果は期待できると思います。

小さなお子さんの場合も、本人が気持ちよく過ごせるなら親の監視の元で安全に注意しながら貼るのはよいかもしれません。

何故そんな厳しいことを言うのかって?
実は、

寝ているあいだにシートがずれて乳幼児が窒息死したケースがある。

そうなのです。
詳しくは、コチラをどうぞ。 → 「冷えピタでなく水枕をすすめる理由」

 

私も冷却シートを乳幼児に使うのはどうかと思いますが、小学校低学年くらいまでのお子さんでしたら解熱作用はなくとも有効に使えそうな気がします。これだけ子どもも含め世間に認知されている商品ですから、そこを上手く利用すれば発熱時の辛さを気分的に緩和させるのに使えるのでは?

それこそ、おでこに貼って「冷えピタにお熱吸い取ってもらいましょ!!」なーんて言いながら励まして、その気にさせることができるかも…。

大人が冷却シートの効果についてしっかり認識してさえいれば、シートに過度の期待もしませんしね。
冷えピタマジック、試してみる価値はあるかもしれませんよ。

 

冷却シートを貼る場所

先にも述べたように、冷感シートに解熱効果はありません。

ただ、熱中症などで『身体を冷やしたい』ときに使うとすれば、次の太い静脈が流れている部分に貼り付けるといいでしょう。

◯ 首の両外側
◯ 両脇の下
◯ 足の付け根の前部分(股関節部分)

あくまでも応急処置レベルですから、できれば氷や保冷剤のほうをおすすめします。

 

他の使い方としては、虫刺されや歯痛、片頭痛の症状緩和などには直接患部やこめかみに貼って利用できそうです。

※ただし、緊張型頭痛の方は冷やす行為NGです。温めることが最良ということなのでご注意を!!

また、炎症や痛み対策として、冷感シートを直接患部に貼り付けると冷やされて痛みが和らぐことも期待できますが、それでも、これまた応急処置レベルです。そもそも冷湿布とは成分も目的も違いますので。

冷却シートを使うときのポイント・注意点

冷却シートの持続時間はどのメーカーもおおよそ8時間です。

冷える仕組みはシートに含まれる水分が、蒸発するときに気化熱を奪うことによって冷たくなるので、気温が高いときはどんどん蒸発してしまい8時間よりも早く冷えなくなると考えられます。

また、気化熱を奪う作用はあっても、周囲の温度変化に対抗して一定温度に保つ力はないので、次第に本体が温まり、冷たく感じなくなってしまいます。猛暑時は体感的には8時間は厳しいかもしれませんね。

対策としては、冷蔵庫に保管し冷やしておいてから使うと、すでに十分冷たいのでジェル自体が温まるまでの時間を稼ぐことができます。
また、気化熱効果だけの時よりもはるかに冷たく感じるので、効果倍増です。

 

まとめ

冷却ジェルシートに解熱効果はありませんが、熱や痛みで辛い時のリラックス効果は期待できます。
病院に行くまでの短時間での応急処置に利用したり、真夏の暑気対策に使うなど上手く活用できれば便利なモノです。

ご使用の際は、冷却シートの性質を十分理解された上で有効に活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です