たまった保冷剤の中身を有効活用!ぜひ試してみたい使い道いろいろ

スポンサーリンク

 

あぜ道散歩におつきあいいただきありがとうございます、つむぎです。

今回は、年間通して広く使われている「保冷剤」…そうです、お店でケーキやプリンを買うと必ず入れてもらう、あの保冷剤を取り上げてみました。

あなたのお宅にもたくさんたまっていませんか?

いざというときのためにいくつかは冷凍室に保管していても、大量のストックは不要ですよね。

余った保冷剤はすぐ処分…してもいいのですが、本来の役目とは違った使いみちがあり案外お役に立てるかもしれません。

ここでは、保冷剤の中身についてザッとご理解していただいた上で、その性質を活かした活用法をご紹介いたします。

あなたのお役に立つものが、一つでもあれば幸いです。

スポンサーリンク

 

さわっていいの!?保冷剤の中身の正体とは

まず、保冷剤の中身をご覧になったことがありますか?
ご存知のとおり、凍っている状態ではカチカチに硬いのに、凍らせない状態では柔らかくぷにぷにしています。

え、さわって大丈夫なの!?と驚かれる方もいらっしゃることかと思います。

でも、考えてもみてください。素人ながら考えますに、あなたが口にするものと一緒に詰められるわけですから、少なくとも人の肌に触れると危険というような成分が入っていてはマズいでしょ!!

かなり丈夫な包装になってはいますが、万が一傷が入って中身が飛び出さないとも限りませんもの。

ということで、調べてみたら…

保冷剤の主成分は水で製品の98%を占めます。残りの成分は高吸水性ポリマーです。

高吸水性ポリマーは、水を固めるために用いられており、紙オムツなどによく使われています。

紙オムツが混じっていることに気づかず、うっかり洗濯機を回してしまったり、いちば~ん最後に、はずすつもりだった紙オムツのことを忘れたまま水遊びをさせてしまったり…と、過去には幾度失敗したことか。

同じようなあるある経験をお持ちのお母さんたちにはよーくおわかりかと思いますが(笑)

そう、あのパンパンに膨れてすごいことになるのが、高吸水性ポリマーの特徴です。自らの重さの500~1000倍もの水を吸収することができるとのこと。吸水することでジェル状になり、その状態をキープするのです。

この高吸水性ポリマーは手で触れても人体に影響はありませんが、万が一誤飲したりすると、ポリマーが体内の水分を吸収するため、胸のつかえや咳込みなどの症状につながることもあるそうです。

もちろん、喉に詰まってしまったり、腸内に留まってしまったりすることだってあるかもしれません。当然体内に入ってしまうのは危険ですよね。

ここで、重要な追加情報・・・

今回いろいろな活用法をご紹介したいのは、上記のタイプの保冷剤なのですが、同じ「保冷剤」と呼ばれるものの中には凍っている状態なのに柔らかいままのものがありますよね。

硬くならない保冷パック式の枕やアイマスクなどがそうです。「エチレングリコール」という成分が保冷剤に使われているのですが、こちらは、決して中身を出そうなんて思わないでくださいね。

車の不凍液と同じ成分ということで中毒性があります。

食品の保冷ではなく、おもに人の肌に柔らかい状態で触れてヒンヤリさせてくれるものに用いられているようです。

困ったことに独特の甘い香りや味があるため、お年寄りの誤飲やペットによる誤飲が報告されているとのことです。

愛犬は注意書きが読めませんからご用心を!

余った保冷剤の使いみち

特に、夏場は保冷剤の利用は多くなります。一つ一つは小さくても、あっという間に結構な量がたまってしまいますね。

いろいろな活用法がありますが、私が驚いたのは、お掃除に利用できるということでした。これだったら保冷剤さえあれば、他に何の準備もいらず今すぐにでも試せます。

一般には消臭剤としての利用が広く知られているようですが、ここでは5つの活用法を順にお伝えしていきます。

  1. お掃除に
  2. 消臭剤に
  3. 虫除けに
  4. 植物の水やりに
  5. カイロに

お掃除に

保冷剤を使ってお掃除をするなんて意外かもしれませんが、適している場所があるんです。

それは、水回りです。シンクの汚れや洗面台、浴室ですね。

保冷剤に使われている高吸水性ポリマーが、程よいジェル状なので水のように垂れることがありません。

おまけに、表面がデコボコしています。そのデコボコの間に汚れが入り込み、絡め取ってくれるとのこと。キッチンのシンクにある細かい傷に入り込んだ汚れをかき出してくれるのです。

後ほど消臭剤のところでもお伝えしますが、デコボコしたジェル表面は匂いも吸収してくれるので、お掃除しながら消臭にも一役買ってくれそうです。

ジェル状のものを布等につけてこすってもいいですが、ラップ(使用済みでよい)を使うと布のように繊維の隙間にジェルがしみ込まないため、より効果が上がるようです。

 

次の2枚の写真は、保冷剤を使ってお掃除したシンクのビフォアフター…なのですが、うまく撮影できなくてゴメンナサイ。

水でこすっても落ちなかった白っぽい汚れが、下の写真では目立たなくなったのが伝わるでしょうか?

ちなみに、横にあるクシャッとしたものは、こするときに使ったラップです。うっすら茶色くなって汚れがついているのですが、写真は不鮮明で残念です。

 

ただし、気をつけていただきたいことがあります。保冷剤の中身は、くれぐれもシンクに流さないでください。排水管に詰まってしまうと大変ですよ。

消臭剤・芳香剤に

作り方は…保冷剤の中身を袋から出し、お好みの容器に移し替えるだけです。ジェルの凹凸部分が臭いを吸収してくれます。

消臭効果を高めるには、平たい皿などに入れたほうが表面積も大きくなり効果的です。

ガラス容器などに移し替え、色付きのビー玉やおはじきを入れるとオシャレに魅せることもできます。インテリアとしても使いたいのであれば、100円ショップにも、素敵な容器がたくさんあります。

また、お手持ちのアロマオイル等をジェルに加えてお気に入りの芳香剤に変えることもできます。オイルを2,3滴たらしてかき混ぜてください。

芳香剤としての効果は、2週間前後持続します。時間の経過とともに保冷剤の水分が蒸発するので香りも薄くなってきますが、水を足してしばらくおくと再びジェル状に復活するので、オイルも再度加えることで数回繰り返し使用することができます。

お好みなので決まりはありませんが、ラベンダー、レモン、ティーツリーなどは消臭に向いています。

市販の芳香剤は匂いがキツすぎて苦手とおっしゃる方は、一度お試しください。

虫除けに

さきほどの芳香剤の続きになりますが、作った消臭剤に加えるオイルを厳選することで、虫よけの効果が。(殺虫剤ではありませんよ)

虫が嫌いなのは、アロマオイルの中でも甘いフローラル系ではなく、ハーブ系や柑橘系のスッキリとした香りのものです。私たち人間には心地よい香りでも、虫たちにとっては嫌な香りなのだとか。

代表的なものは、以下の香りです。

  • シトロネラ
  • ラベンダー
  • レモングラス
  • レモンユーカリ
  • ゼラニウム
  • ローズウッド

中でも、シトロネラは爽やかな香りのハーブで人気のようです。スッキリとした香りが子どもからお年寄りまで幅広い年代で好き嫌いが少ないとのことで、ご家族が多いお宅にはおすすめかも。

植物の水やりに

しばらく家を空ける事になったりすると、植木の水やりは気になりますよね。特に夏場は数日でも心配です。

そんなときに保冷剤がお役に立ちます。保水性が高い高吸水性ポリマーを植木の周りに敷きつめることで、水分が少しずつ浸透していくのです。

人はもちろん、植物にも害を与える物質ではありませんから土に混ざっても大丈夫です。

 

余談ですが・・・

「紙オムツが砂漠化を救う!」

この話、聞いたことありませんか?

砂漠化阻止のために日本からも多くの団体が現地に出向き、植林事業を行っているそうですが、そこで成功しているのが紙オムツ植林法なのだそうです。

現地の人々の理解がなかなか得られず、何度も何度もやり直して苦労されている作業過程をTVで見たことがあります。

話が広がりすぎてしまいましたが、それくらい吸水性ポリマーは活躍しているということです。

カイロに

保冷剤なのに…なんと、カイロにも変身できるんです。

これは中身を出すことなく、袋のまま湯せんして温めることで、温パックやアイマスクとして使用できます。肌に当てたときに気持ちいいと感じるくらいにほどよく温めててください。

40度ぐらいのお湯に2〜3分湯煎(外袋に不織布を使用しているものは避けたほうがいいかもしれません)するだけで十分です。

温めすぎると、中身が破裂してしまう危険もありますから注意しましょう。電子レンジでの温めは、加減が難しくおすすめできません。

保冷剤の処分はどうする?

先にもお伝えしましたが、保冷剤は高吸水性ポリマーを含んでいますから紙オムツと同じ扱いで可燃ごみとされている自治体が多いようです。ただし、不燃ごみの扱いになる自治体もあるそうですから確認をしてくださいね。

また、保冷剤の中身が残ったり、袋が破れて中身が飛び出したりしてもシンクやトイレに流すことだけは厳禁です。高吸水性ポリマーが周りの水分を吸収しながら膨張して固まり、排水管の中で詰まってしまう危険があります。

保冷剤有効活用のすすめ

水やアロマオイルを再度加えて繰り返し使えるとご紹介したものの、思った以上に保冷剤はたまっていくはずです。乾燥してしまったものはさっさと処分して、どんどん入れ替えてもいいかと思います。

「魅せる」ことにこだわらなければ、プリンやゼリーの空き容器を利用することで詰め替えの手間も省けますよね。

では、まとめます。

たまった保冷剤は、捨てる前にもう一働きさせてみませんか。

  • お掃除に
  • 消臭剤に
  • 虫除けに
  • 植物の水やりに
  • カイロに

ぜひ、お試しください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です