シャツの襟汚れは酸素系漂白剤で攻略!パワー大なのに色柄物も安心

スポンサーリンク

 

あぜ道散歩におつきあいいただきありがとうございます、つむぎです。

お洗濯の悩み、特にシャツの襟汚れにお困りではありませんか?

実は、それによく効く漂白剤があるんですよ。

「過炭酸ナトリウム」という、酸素系漂白剤を代表する洗浄剤です。

実は、私は随分前にその高い洗浄力を知ったのですが、商品を購入したまま、封も切らずに長く放置していました。

今なら、早く使えばよかったと思えますが、過炭酸ナトリウムについての情報があまりにも溢れていて、ちょっと面倒にも感じていました。

そんな私が、今では「ちょっと面白いかも!?」と感じるくらい興味津々です。

それでも、やはりできることなら数ある使用法の中からできるだけ手間いらずコスパもいいものを。もちろん時間も短くすむほうがいいですが、そこはある程度仕方がないかなとも思っています。

今回は、Yシャツはもちろん、体操服、色柄もののシャツの「汚れの首輪」に消えてもらう技です。

漂白剤を使うことで、色柄ものだと色落ちしないかと心配だったり、あのツーンと来る臭いが苦手だったりといろいろありますよね。

そんな悩みを一気に解決してくれる詳しい手順をご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

色柄ありポロシャツの襟汚れに挑戦!

今回扱ったのは、男物の半袖ポロシャツです。暑い時期に着用するものですから当然汗や皮脂汚れ、さらに整髪料等も混じったのか、通常の洗濯では全く落ちません。数回着ただけなのに、この黒ずみですぐに着回しのレギュラーの座から陥落してしまいました。

私も半ば諦めていたのですが、「過炭酸ナトリウム」の実力をここで試したくなりました。最適のターゲットですよね。

ただ、過炭酸ナトリウムのような酸素系洗浄剤は色柄物にも大丈夫だと知ってはいても、「本当に色落ちは大丈夫かな?」と不安はありました。でも、実際に使ってみると、全く問題なし。それどころか、頑固な汚れがずいぶん落ちてくれましたよ!

今回は、過炭酸ナトリウムに加え、粉せっけんの力も借りながら進めていきます。

 

まずは、漂白前と漂白後の写真を並べていますので、見比べてみてください。よーく見ると、うっすら影のような色味が残ってはいますが、私としては、許容範囲かと思っています。

このシャツは、襟の部分だけが綿ブロード素材で、肌触りはいいですが、ストレッチ性がなく汚れも落ちにくそうな素材です。まさしく頑固汚れです。

before

after

それでは、「過炭酸ナトリウム」を使った漂白について説明していきます。

【準備するもの】
過炭酸ナトリウム
※粉せっけん(記事後半で詳しく説明します)
ボウル(小)
計量スプーン
ゴム手袋
ブラシ(爪ブラシ等、なければ歯ブラシでもよい)
バケツ(容量8~10リットル程度)

 

作業の手順としては、大まかに以下の4つです。

  1. 過炭酸ナトリウムと粉せっけんでペーストを作る
  2. 襟汚れが目立つ部分にペーストを塗り、ブラシでこする
  3. 過炭酸ナトリウム入りの湯に洗濯物を入れて、つけおきする
  4. 洗濯機ですすぎ、脱水して乾かす

①ペーストを作る

過炭酸ナトリウム(大さじ1/2)と粉せっけん(大さじ1/2)を少量のお湯(50度程度)で混ぜ溶かし、ペースト状にします。

 

②汚れの上にペーストを塗り、こする

通常の洗濯直後であれば、脱水後の汚れのくびわ部分に、ペーストを塗っていきます。乾いた状態であれば、お湯で湿らせてください。

ブラシ等でこすりながら、汚れをかき出すようにします。大きさや力加減のことを考えると、爪用のブラシが適当ですが、歯ブラシでも大丈夫です。硬めの素材でペーストが馴染みにくいようでしたら、お湯を少々垂らして擦り込むようにします。

③洗濯物をつけおきする

バケツにお湯(約50度、7リットル程度)を張り、過炭酸ナトリウム(大さじ1)を入れてしっかり溶かします。写真のポロシャツは、襟以外は、化繊なのでお湯の温度は50度厳守ですが、洗濯物の素材が綿や麻のみでしたら、熱湯でも構いません。

洗濯物は、ペーストがついたままバケツに入れてください。洗濯物全体をしっかり浸します。この時、熱いので素手で触らないようにしてください。そのまま、3時間~できればひと晩つけおきしたいところです。

④洗濯機ですすぎ・脱水して乾かす

洗濯機で1回すすいだ後、脱水して乾かしたら完了です。

過炭酸ナトリウムと粉せっけん

過炭酸ナトリウムについて

過炭酸ナトリウムは、「過炭酸塩」「過炭酸ソーダ」とも呼ばれ、いずれも同じものです。「酸素系漂白剤」で粉末状の洗浄剤です。お掃除用としてよく使用される「重曹」や「セスキ」、あるいは「石けん」よりもアルカリ性が強い洗浄剤です。

過炭酸ナトリウムは、ステンレス以外の金属と反応するので、草木染め布製品には使えません。媒染剤として鉄や銅が使われていた場合、過炭酸ナトリウムがその金属と反応して変色したり繊維が劣化したりするからです。

また、ボタンやファスナーなど金属があると化学反応を起こし、金属そのものが傷んだり、金属と触れている生地に影響を及ぼすため使用できませんのでご注意くださいね。

粉せっけんについて

ここでいう「粉せっけん」とは、粉末タイプの合成洗剤とは違います。昔ながらのホントーの粉せっけんです。品名には、「せっけん」「脂肪酸ナトリウム」「せっけん素地」と書かれています。

使わないままに家庭に眠っている固形せっけんがあれば、少々面倒ではありますが、すりおろして使用することもできます。

掃除・洗濯で大活躍する「重曹」「クエン酸」「セスキ炭酸ソーダ」「過炭酸ナトリウムと」はいずれも100円ショップで手に入りますが、残念ながら、「粉せっけん」は見当たりませんでした。

私が出向いた100円ショップには合成洗剤(粉末)しかなく、ドラッグストアの粉せっけんは量が多すぎたので、仕方なく手付かずの固形せっけんをおろすことにしました。

ただ、油や皮脂などの頑固汚れを扱う機会が多いようであれば、せっけんはかなりおすすめです。

せっけんは、アルカリ性が強く、界面活性作用(汚れを包み込み、水と油の両方に馴染む状態になること)があることで、汚れが落ちやすい状態を作ります。そのため、衣類だけでなく、コンロや換気扇などキッチンでも活躍してくれます。

汚れを防ぐ方法

日々洗濯に明け暮れる側からすれば、頑固汚れが出現してからバタバタするよりも、汚れができるだけつかない方法があればありがたいですよね。

ワイシャツでしたら、汚れ防止用のテープ等もあるらしいのですが、伸縮性のあるポロシャツには向かないかもしれませんね。アイロン用糊スプレーというわけにもいきませんし…。

そこで、私がやっているのは、「ワイシャツの襟汚れ防止は超簡単!汚さぬ裏技で洗濯をスムーズに」でも紹介していますが、ベビーパウダーを汚れが付きやすい箇所にすりこんでおくことです。今回のような綿素材には、特に有効かと思います。

まとめ

つい先日、過炭酸ナトリウムの優秀さに気づいたばかりなのですが、今回は粉せっけんと合わせて使うと、1+1が2以上になると感じた次第です。かなりの汚れに対応できそうなので、洗剤の種類を数多く購入する必要がないのは幸いです。

では、過炭酸ナトリウムと粉せっけんで衣類を漂白する方法をまとめますね。

通常の洗濯では落ちにくい「汚れの首輪」には、過炭酸ナトリウムと粉せっけんのダブル使いで解決できます。

その手順としては、次のようになります。

  1. 過炭酸ナトリウムと粉せっけんでペーストを作る
  2. 襟汚れが目立つ部分にペーストを塗り、ブラシでこする
  3. 過炭酸ナトリウム入りの湯に洗濯物を入れて、つけおきする
  4. 洗濯機ですすぎ、脱水して乾かす

今どきの合成洗剤はずいぶん進化を遂げていますが、昔ながらの洗浄剤のほうが効果を発揮することもあるのですから、使わない手はないですね、いかがですか。

 

※ 過炭酸ナトリウムを使った漂白については、キッチンでも有効です。「プラスチックまな板の漂白はこれ!過炭酸ナトリウムを使ってみた」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です