ハンドソープの泡タイプと液体タイプ、おすすめはどちら?

スポンサーリンク

 

あぜ道散歩におつきあいいただきありがとうございます、つむぎです。

今回は、ハンドソープについてです。

ハンドソープの泡タイプと液体タイプの違い

液の形状

まず、見た目に大きく違うのは、ポンプから出てくるのが泡か液体かということです。
成分そのものにはほとんど違いがないとのこと。

ちなみに、大手メーカーから発売されているほとんどのハンドソープの主な成分となっているのは、

  • イソプロピルメチルフェノール
  • ベンザウコニウム塩化物
  • トリクロソン

と呼ばれる洗浄成分のどれかが使われているのだそうです。

液の濃度と洗浄力

泡タイプは、容器の中で水と交じりあった状態となっていて、それが泡立って出てくるため液体タイプに比べると薄めです。当然殺菌能力は液体に比べ低いということになります。
長所としては、最初から泡で出てくるので使い勝手がいいですし、洗い流す時間も短くてすみますね。

一方の液体タイプは、水で溶かして使うため、液体が濃いです。そのためなかなか洗剤が手から落ちないのですすぎにも多くの水と時間が必要になります。
長所としては、液が濃いので、洗浄面で優れています。多くの洗剤が手に付きますので、それを泡立つまで手を洗浄すればその方がよりキレイになると考えられます。

ただ、洗い方や洗う時間にも影響されるので、一概に液体と泡で最終的にはどちらが洗浄力が高いのかを比べるのは難しいようです。

泡タイプと液体タイプではどちらを使うほうがいいのか?

泡タイプと液体タイプの成分の内容や金額にさほど大きな違いはなく、そういう意味では選べません。使い分けの基準としては、使う人の好みや使い勝手によるところが大きいと思います。
泡立ちの具合や洗い上がりの使用感など好みによって選ぶことになります。

ただし、上手に泡立てられない小さいお子さんや、急いでいると泡立てが面倒になってしまう方には、「泡タイプ」のハンドソープがおすすめです。

また、泡タイプより洗浄力が高い液体タイプを選んだとしても、泡立てるのがうまくいかず、中途半端で洗い流してしまう人も少なくないそうです。
その点、泡タイプは初めから十分泡立っていてまんべんなく泡が行き渡ることでしっかり洗うことができます。家族でどれか1本ということであれば、泡タイプがいいかもしれませんね。

まとめ

ハンドソープの泡タイプと液体タイプ、どちらがおすすめなのか?
ハンドソープを使うのは汚れを落とすことが目的ですから、使用する人がそれを果たすのに向いているものを選ぶのが望ましいです。

液の濃度や洗浄力という商品そのものの特性で選ぶよりは、使用者それぞれの使い方によって選ぶのが賢明であること。つまり、しっかり洗浄できるものを使用したいですから、液の形状で選ぶのも一理あります。
ひとりで使うものか、家族で共有するかによっても違ってきます。

最近では、ハンドソープの大手ブランドからは『自動タイプ』(ノズルの下に手をかざすと、センサーが反応して、手洗い約1回分(約1ml)の泡が自動で出てくる)なるものも発売され、より便利になってきています。
ハンドソープの種類は豊富になっていますから、これからさらに選択肢が広がっていくことと思います。

 

余談です。
液体タイプのハンドソープを水で薄めて泡タイプとして使えば、お得だと考えたいところですが…
実際に、液体タイプをおよそ2倍に薄めて泡タイプの容器に入れれば、『泡』になって出てきます。ただし、雑菌の入るリスクが高く、長く保存もできないとのこと。
キレイにするはずのソープが雑菌まみれでは本末転倒ですよね。おすすめとはいえないようです。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です